ABOUT

ハワイを拠点に活動するアーティスト&グラフィックデザイナー、ローレン・ロス。幼少の頃に初めてペンを手にして以来、現在に至るまで絶え間なく創作活動を続けてきた。ローレンの創り出すアートは、水彩、アクリル、インク、ペイントマーカーを組み合わせたユニークなスタイル。夢のような色彩で、質感のある表面に幾重にも描かれた自然の姿は、ローレンのアートへの情熱と生命への複雑な解釈を体現している。

ニュージャージー州に生まれ育ったローレンは、サヴァンナ・カレッジ・オブ・アート&デザインにてイラストレーションの学位を取得。卒業後はホールフーズ・マーケットにアーティストとして就職。
2013年、自身のアーティストとしてのキャリアを追い求め、フルタイムのアーティストとして独立。ローレン・ロス・アートとして独自の商品ラインを展開するほか、リップカール、全日本空輸(ANA)、ノードストローム、ケイト・スペード、レスポートサック、ノーティカなど、数多くの国際企業へアート作品を提供、コラボレーションを実現している。また、地元ハワイで初開催となるハワイ・ファッション・マンスでは、そのデザインチームの総指揮を担当。

ローレンのアート作品は現在、ハワイを始めアメリカ本土、日本のギャラリーやセレクトショップで幅広く取り扱われている。ハワイを拠点に成長を続ける彼女の成功談やその活動の様子は数多くのの雑誌でフィーチャーされ、2017年にはホノルルマガジンにより”Best Collaborator in Hawaii”に選出された。
そして2018年、ローレンは自身初となる実店舗をオアフ島カイルアにオープン。当店舗では、ローレンの全オリジナル作品に加え、店舗限定の商品ラインも販売している。

ローレンのアートは、彼女が今までに訪れた場所や、彼女の住むハワイの美しい絶景に多くのインスピレーションを得て創作されている。アートはローレンの情熱であるが、自身のアートを通じて人々に笑顔をもたらすこと、その過程で素晴らしい人々に出会うことを一番の喜びと感じている。